カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

DVD 蕎麦打ちゼミ「極荒蕎麦」編  (38分)

粉が手に入り難いので、蕎麦の愛好家にもあまり馴染みがないが、
抜き実を荒挽きした粒度の極く粗い粉で打つ蕎麦で、玄蕎麦の風味を最大限に引き出せることから、手打ち蕎麦を営む少数の蕎麦屋さんで、数量限定で供されている。

この極荒蕎麦は、二・八また九・一(繋ぎの強力粉を2割か1割)で打つから、なんとも繋がり難いので苦労させられるが、
せいろ蕎麦の喉越しや田舎蕎麦の雜味と、一線を画した味覚は、技巧派の手打ち蕎麦屋さんの隠れた看板メニューになりつつあるようだ。

私も、極荒蕎麦のファンだが、いざ打つとなると、かなりの真剣勝負となるから、気持ちが安定していないうまく打てない。
しかし、その精神統一感が、蕎麦打ち全般の楽しみでもある。これは師匠に隠れてそっとお教えする裏技だが、甘皮粉を総量の5%ほど加えると、ぐっと打ちやすくなる。
繋ぎの小麦粉は必ず(強力粉)を使ってほしい。極荒蕎麦は、せいろ蕎麦と舎蕎麦打ちに自信がついてから挑戦すべきで、一足飛びに極荒を打つのは避けたほうが無難だ。

蕎麦打ちは精神を安定させる効果もあるが、何よりも蕎麦を愛する心と、蕎麦と仲良しになる(根気)が必要だ。そこに人生を感じさせる何かがある。だから蕎麦と離れがたいのかも知れない。


指導・監修:長島新一(製粉家)
企画・製作: 石神 淳(石神 淳 映像工房) 


指導: 長島新一(製粉家)
企画・製作: 石神 淳 映像工房

DVD 蕎麦打ちゼミ「極荒蕎麦」編  (38分)

価格:

3,150円 (税込)

購入数: